メキシコシティのバスに感動 日本にもあればいいのに

長く海外に住んでいるのですが、バスを利用する機会というのは、今はあまりありません。
そして、違う国にも何か国か住んでいたことがあるのですが、その際にも、高速バスはたくさん利用しましたが、あまり路線バスを利用したことがなかったのですが、ある時にハマりました。

その理由はと言うと、非常に効率的で、とにかくバスの本数が多いということです。
もちろん、すべての国においていえるわけではありませんが、メキシコに住んだ際には、なんてバスが便利なのだと思いました。

地下鉄もメキシコシティには通っていて、それは、当時約20円程度でどこまででもいけるというようなお得なものだったのですが、それが通っていない場所もあります。
そんな時にバスを利用してみたのですが、1本見逃してもすぐに次が来るので、逃したことに対して、全く悔しくなりませんし、値段は地下鉄の1.5倍の30円程度からだったなのですが、地下鉄が行かない場所をくねくねと進み、バス停なんてものはないので、適当な場所で手をあげれば乗れる、そして、ベルを鳴らせばその場で降りれるという、効率的なモノでした。

さらに、日本の場合、例え、すごい渋滞があってもルート変更はできません。
ですが、メキシコの場合は、混んでいたら抜け道をバスが走っていくなんてことはよくあります。
もちろん、これはルート外ですので、いつも同じバスに乗っているのに、ルートが異なるということはよくあります。

そんなことを含めて、日本にもこんな風にフレキシブルな対応をしてくれるようなバスがあればよいなと思ったことがあります。

特に、日本人というのは、時間に厳しいですから、バスがルート通りに走って渋滞にでもハマってしまえば、間違いなく乗客はイライラしますし、運転手さんもそれを察知するでしょう。

お互いのストレスを取り除くためにも、こんなバスがあればよいなと思いますが、もちろん問題も出てきます。
それは、バス停で待っている人はどうなるのかということです。
ですから、もうバス停というものを排除して、大きな通りに近い所に出ればバスを捕まえられるというようなシステムにすれば、運転手さんも、乗客側としてもリラックスしてバスを利用できるなと思います。

さらに言えば、乗客が少ない時には、ある程度の距離内(2本奥の通りなど)であれば、乗客が望む場所まで行ってくれるようなバスがあれば、もっと公共交通機関が栄えて、車のない人でも過ごしやすくなるなと思います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copyright 2017 中古バス販売・買取 高品質で低価格の中古バスを探す