京王バスのバス車両について

京王バスのバス車両について

東京のバス会社を比べてみた

バス会社は、様々ありますが東京でも、有名どころは、小田急バス、東急バス、京王バス、西武バス、関東バス、都営バスもありますね。小田急バス、西武バス、京王バスの車両、乗り心地や車両を比較してみました。

小田急バスの感想

まずは、小田急バスです。乗った路線は、武蔵境から調布までの区間でした。武蔵境で待って5分ほどたって、バスが到着しました。 車両は、いすずの「エルガ」でした。

乗車して一番、後ろに座ったんですが乗り心地は、よかったです。坂道も、スムーズですし、少しの段差や、くぼみなどあっても揺れは、さほど感じませんでした。

車両が新しいからかもしれません。 エンジンのパワーも他の会社よりもある感じがしました。 車両も新しく、汚れもなかったです。 

京王バスに乗ってみて

次に京王バスです。調布から武蔵小金井まで乗車してみました。バス停に着くこと、5分ぐらいで到着しました。 名前は、その場でわかりませんでしたが、調べたら、日産ディーゼル制の「スペースランナー」という名前みたいです。

小田急のエルガよりも幅が狭いです。 乗車して一番後ろの席に座りました。乗車して思ったことは、車両が古いということです。窓ガラスも曇っていてみずらく、小田急バスさんとは、大違いだと感じました。
 
また、車両の外部も車両が古いからか、塗装が色あせている感じがしました。 暫く待っていると発車しました。乗り心地は、思った以上に悪くありませんでした。小田急さんの「エルガ」と比べるとパワーが格段にないです。

平地とかだと意外と問題なんですが、坂道だと今回乗った、西武バスや、小田急バスの車両よりも、パワーのなさを感じました。やはり、昔の車両だからでしょうね。

西武バスの乗り心地

最後に、西武バスです。 路線は、武蔵小金井から、花小金井までのりました。バス停で待つこと3分で到着しました。 三菱の「エアロスター」という車種みたいです。

一番後ろに、乗りました。 車内は、綺麗で、外装も洗車が行き届いてる感じでした。発車して、乗り心地は、よかったです。段差、くぼみでも衝撃もあまりありませんでしたし、坂道もパワーがあり気持ちの良い加速でした。

いろいろなバスに乗った結果

今回乗ってみて、気がついた事は、小田急バス、西武バスの車両は、比較的新しい車両だったからか、乗り心地は、よかったと感じました。京王バスの車両がたまたま、古かったからかもしれません。

他は、小田急バス、西武バスには、後ろに「乗降中」のランプがあるのに対し、京王バスの車両は、ありませんでした。これも、車両が古いからかもしれません。

でも、私は、いろいろな車種に乗ることができて、比較することができてよかったと思いました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copyright 2017 中古バス販売・買取 高品質で低価格の中古バスを探す