初めは勇気がいったけど使ってみれば便利な高速バス!

高速バスは、料金がとても安いことから利用しています。

大体、JR片道運賃で往復できるといったところでしょうか。夜寝ている間に目的地に到着するので、朝一番から行動することができ、ビジネスでもプライベートでも活用しています。また予約を取るのもネットで簡単にできます。

もちろん決済もクレジットカードがあれば、予約から支払いまで一連の流れとして進めることができます。1か月と1日前に発売されるので、混みあう日は早めに予約を取るようにしています。路線にもよるのですが、早期購入で割引を受けられる場合があるのでそこもチェックポイントになります。今ではすっかり使い慣れている高速バスですが、初めて使うまではなかなか踏ん切りがつきませんでした。

夜、出発する高速バスは、どうしても女性が一人で利用するには怖いといったイメージもありました。バスと聞くと4列シートが思い浮かびます。ところが夜出発する高速バスは3列シートで、それぞれが独立しています。カーテンも付いており、締めてしまえばちょっとした個室になります。シートも一応リクライニングシートですし、座席にコンセントも付いているので、スマホの充電もできます。

シートを倒す時は、必ず後ろの方に声掛けをしてからにします。例えお互いさまだとはいえ、こうしておけば気持ちよくバスを利用することができます。ただシートを倒す加減が後ろの座席が男性の場合、少々難しいかもしれません。
男性はどうしても身体が大きいので、寝返りをうつときなど前のシートに当たるようです。シートに当たられると必然的に振動が来るので、安眠を妨げられるところが少々不快に感じます。

どうしても狭いシートで寝るので、身体が痛くなったりする可能性があります。

そうならないためにも、私の必需品があります。それは首にする枕と、タオルです。タオルは1枚持っていると重宝します。

例えばくるっと巻いて腰に置けば、腰痛防止になります。備え付けの毛布やタオルケットでは物足りない時は、胸のあたりにタオルを掛けて寝ます。

この高速バスの気になる点は、トイレです。トイレは、バスの中央付近にあります。カーテンがあるので、そのカーテンを開いてすぐ階段になっています。薄暗い中を歩いて行くので、この段差がすぐにあるといった仕様はちょっと危ないと感じます。一度使ってみるまでは勇気のいった高速バスですが、使ってみるととても便利で、今ではもっと早くから利用すればよかったと思っています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copyright 2017 中古バス販売・買取 高品質で低価格の中古バスを探す