地下鉄よりも路線バスの方をよく利用する理由

自宅も職場もあるのは、大都会ですので公共機関期間でもよく利用するのが、地下鉄と路線バスです。利用する人の割合を考えてみれば圧倒的に地下鉄のほうが多いのでしょうが、私自身は地下鉄よりも路線バスを利用するほうが多いです。路線バスを利用すると決めているわけではありまえんが、自分なりの理由で路線バスを利用する頻度が高くなっているということです。

地下鉄と路線バスを比べてみると、ある場所から目的地までに必要な時間は地下鉄のほうが短くて済むでしょうし、路線バスのように渋滞を考えなくて構わない分時間もはっきりと調整することができます。この点では地下鉄のほうが優れていると言っていいでしょう。

しかし、地下鉄は駅の数が少ないですし、目的地によっては駅を出てから歩く距離が長くなってしまう場合がありますが、路線バスの場合には地下鉄の駅と比べると何倍ものバス停があり、バス停から目的地が近い可能性が地下鉄よりも高くなります。そうなれば、目的地までは歩く距離が短くなります。私が行動する地域では地下鉄と路線バスは自治体の経営なので路線バスは地下鉄の行かない場所を補完するような感じにもなっています。

ただし、路線バスは地下鉄と比べると運行本数が少ないという欠点があります。一本の地下鉄に乗り遅れても次の電車に乗ればそれほど時間の無駄にならないことが多いですが、路線バスは一本乗り遅れてしまいますと、一時間くらい待たなければ次のバスが来ないということも少なくありません。その上、路線バスは時刻通りに運行しているほうがすくなく、大抵の場合には少し遅れて運行しています。

そのような欠点が路線バスにあるのにもかかわらず、私が路線バスの方を地下鉄よりも重宝しているのは、ずっと路線バスに乗っているので、路線バスの経路や時間に非常に詳しくなってしまったことが大きな理由としてあります。時刻表をすべて記憶しているというわけではありませんが、乗り継ぎ時間などをかなり記憶しているのです。それにスマートフォンを利用すればうまい乗り継ぎを簡単に調べることができるようにもなっています。

歩く距離から言えば、地下鉄は駅のフォームに降りていくのにそれなりの時間が掛かりますし、目的の駅に降りると今度は階段やエスカレータを登って地上に上る前にそれなりの時間がかかってしまうことも事実です。それと比べると路線バスは地上からバスに乗って、地下鉄にはない景色を眺めながら目的地の地上に降り立つことができるのです。そのことが楽しくて路線バスの利用が多いのかもしれません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copyright 2017 中古バス販売・買取 高品質で低価格の中古バスを探す