子連れで安心できるバスがあれば乗車率もアップする

世の中の多くの方が公共交通機関を利用されているかと思われます。特に近場や遠出で頻繁に使用される車両はバスかと思われます。しかしバスに乗るのを懸念されてしまう方もいらっしゃるのです。

それは子供連れの方です。

バスの乗車中は周りの方に迷惑にならないようにお母さん達が「シーッ」と一生懸命子供に言うのですが、遊びたい・騒ぎたい盛りの子供にとってはそれはほぼ難しい事となってきます。

逆に「シーッ」と言われれば言われる程騒ぎたくなるのも子供の心理となってきます。このように他のお客さんの事を考えてしまうとなかなかバスを利用出来ないものとなってしまいますが、それならば一層子供が騒いだり楽しんだり出来るバスにしたら良いのではないのでしょうか。

子供にとってただ目的地までじっと待っている事が退屈となってしまう為に騒いだりしてしまうのです。

まずこれを解消する為に子供向けのアニメや番組を流す事で解消に繋がっていきます。
好きなアニメや番組が社内で放送されているとまず席から立たずにしっかりと座る事が出来ます。これによって乗車中に立ったり走ったりして危険な事に遭う確率が抑える事が可能となってきます。

大人しく座ってくれているだけで付き添いの保護者もリラックスして乗車する事が可能となってきます。

次に乳児連れの方でも安心して乗出来るバスです。バスに乗る事を最も避けてしまうのが乳児連れのお母さんだと思われます。お腹がすいた・オムツが汚れた・ちょっと機嫌が悪い、これだけで乳児はすぐに泣き叫んでしまう為、乗車するのを躊躇ってしまうかと思います。
それならば乳児連れの方も安心して乗車出来るバスにしたらよいのです。

あらかじめ車内にはオムツやミルクを与えられる個室や仕切りを設置しておくのです。これによって急に乳児が泣いてしまっても対応する事が可能となってくるのです。さらにバス自体にも乳児連れが乗車しているので理解してほしいとの看板を設ける事も重要となってきます。

この看板を設置する事で子供連れでは無い乗客も乳児が乗っている事を承知して乗車している事に繋がるのですから、万が一泣いてしまってもイヤな思いをさせる事が無くなるかと思われます。

バスに乗りたくても子供が一緒に居て迷惑を掛けるからなかなか乗られないと思われる方もおりますが、他の乗客が理解してあげる事で何の不安を感じる事なく乗車出来ると思われます。子供連れでも躊躇しないで乗車出来るバスが登場してくれれば、搭乗率もよりアップしていく事と思われます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copyright 2017 中古バス販売・買取 高品質で低価格の中古バスを探す