東京のバスはややこしい

東京のバスはややこしい

都道府県バス比較

私がこれまで、バスに乗った事がある都道府県を挙げてみます。
東京都、京都府、広島県、兵庫県、滋賀県、神奈川県。もっと色んな県に仕事や旅行で行ったのですが、バスに乗った、となるとこのぐらいです。

東京のバス、ややこしい

列挙してみて、改めて思いました。東京のバスはややこし過ぎます。ダントツにややこしいです。

まず先に、京都府、広島県、兵庫県、滋賀県、神奈川県の、乗った事があるバスについて説明します。何がややこしい、ややこしくないかと言うと、乗る場所。それから、料金の払い方です。

上記の府県は基本的に、まずバスの後ろのドアからバスに乗ります。料金が均一ならそのまま乗りますし、距離別なら整理券を受け取って乗ります。そして降りる時に、前の方で料金を払います。

上記の乗り方、料金の払い方がシンプルで、分かり易いと思うのです。しかし問題は東京都なのです。ややこしいです。

バスによって乗り方、支払い方が違う

まず一番ややこしいのが、「バスによって乗り方が違う」事です。バス停に常連さんが先に並んでくれていれば良いのですが、私が先頭になると軽いパニックです。前か後ろか、どちらから乗るか分かりません。

さらにややこしいのが、「バスによって料金の払い方も違う」事です。バスによっては、バスに乗った直後に料金を払う場合もあります。私は料金は降りる時に払うもの、だと思っているので、もう大パニックです。

パターンを調べたら…

気になったので、バスの乗り方・料金の払い方にどんなパターンがあるのか、インターネットで調べてみました。調べてみて分かったのは、「後ろから乗るバスは非常に分かり易い」という事です。

後ろから乗るバスは、料金は絶対に後払いです。また料金が均一か距離別かと言うのも、整理券を受け取れるかどうかで瞬時に分かります。非常に分かり易いです。

それに対して、前から乗るバスの分かり難さといったら!まず、先払いか後払いかが分かりません。さらに調べてみて分かった事には、前から乗るバスにはパターンが多すぎるのです。

パターンの解説と結論

パターンA:料金を先払いし、後ろのドアから降りる。料金は均一。

パターンB:前のドアから乗り、前のドアから降りる。料金は後払い。

パターンC:申告先払い。

私が東京で遭遇した前から乗るバスは、パターンAです。料金を先払いするという発想が無かったので、本当にパニックになりました。

調べてみて分かったのは、パターンB、パターンCのようなバスもある、という事です。パターンBは許せるとして、なんですかパターンCは。初めて聞きましたよ。

申告先払い。お願いだから今後一切、そのようなバスに乗る機会が無い事を、祈りたいものです。東京のバスは本当にややこしいです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copyright 2017 中古バス販売・買取 高品質で低価格の中古バスを探す