田舎にある祖母の家まで高速バスを使って行ったお話

私の体験した高速バスでの面白いお話し

田舎にある祖母の家まで高速バスを使って行ったお話を紹介します。

私は5年前くらいに、田舎にある祖母ノ家まで高速バスを使って行きました。私は田舎にある祖母の家には畑仕事を手伝う為に、毎年2回くらい行っています。畑仕事を手伝う時は父親の車で行って、帰りも父親の車で帰ったり1人で高速バスやJRの列車を使って帰っていました。5年前くらいに田舎にある祖母の家に行った時は、親戚の法事の為に行きました。

私はその時は1人で行きも帰りも高速バスを使って祖母の家に行きました。その行きの高速バスの中で私はとても不思議なことを体験しました。私は高速バスに乗る時はなるべく人が座っていなさそうな後ろの方の席に座るんです。その時も私は1番後ろの席に座りました。そして私の隣にはトイレがありました。

私の斜め向かいの席に、大柄の男性が座りました。私はその大柄の男性を見て、体格が良い男性だな~と思い、こんな体格の良い男性が日本に居るんだと思って少しビックリしました。そして私は高速バスが発車してからずっと窓を見て外の風景を眺めていました。そして私はバスが走っている途中にトイレが行きたくなったので、私は自分の席の隣にあるトイレに行って用を足しました。

すると私の斜め向かいの席に座っている大柄の男性の横にある窓が少し開いていました。私はきっとその大柄の男性は私がトイレに入ったから、トイレのニオイがしたら嫌だな~と思ってその大柄の男性は横の窓を少し開いたんだろうな~と思いました。そして数時間高速バスに乗って、私は田舎にある祖母の家に到着しました。そして祖母の家で法事を行って数時間後にまた同じ高速バスに乗って家に帰りました。その帰りの高速バスの中にも、その行きの高速バスに乗っていた大柄の男性が同じ席に座っていたのです。

今度は女性と2人連れで座っていました。私はとてもビックリしました。こんな当日に同じ人と同じ高速バスで会うなんて、何かの運命なのかもしれない!!と思ってしまったんです。でもその大柄の男性は女性と2人連れで座っていたので、私とは運命の赤い糸で繋がっていないんだな~と思い、少し残念に思いました。

そして私はまた帰りの高速バスで1番後ろの席に座って、途中で横にあるトイレに入ろうとしました。するとまた私の斜め向かいに座っている男性が、私がトイレに行こうとした瞬間に窓を開けて、トイレにニオイが気にならないようにしたんです。私は何てニオイに敏感な男性なんだろうと思いました。その大柄の男性が連れていた女性はあまりお洒落な感じではなくて、髪の毛も綺麗では無くて化粧もほとんどしていない状態で、全然女性らしくなかったのでこれなら私の方が良い女じゃん!と自分で思ってしまいました。これが私の高速バスに乗った面白いお話です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copyright 2017 中古バス販売・買取 高品質で低価格の中古バスを探す