遠距離恋愛に高速バスは必須

わたしは大学卒業後、地元の神戸を離れ東京への勤続となりました。当時付き合っていた彼女とは遠距離恋愛になるわけですが、移動のお小遣いを考慮して高速バス、深夜バスにかなりお世話になりました。

まず、深夜バス・高速バスの印象ですが思った以上に移動にストレスがないというところ。なんといっても多少お金を支払えば、足を延ばして寝ることも可能ですし、アイマスク、毛布などもあり、休憩時間もあえてバスの中にいれば睡眠もかなりとることが可能になります。

彼女も実際に深夜バスで移動していましたが、女性でも安心できる座席のサービスがあり、利用にあたってはさほど不安を感じたこともありませんでした。むしろ、高速バスでインターチェンジに立ち寄って各地の買い物をすることがお土産の調達に非常にラッキーだと感じていたほどですから。

基本的には上野や新宿、そして神戸との往復のバスを利用していました。それも往復で予約すれば少し安くなりますので二人でほぼ毎月利用していたことも考えると1年半の間でかなりの利用頻度であったかと思います。

こここうしてほしいなという点をいくつか挙げたいと思います。まずは、バスのエンジン音です。特に深夜バスに関してはいかに運転が上手であっても音が気になります。

可能であれば、EVまたはハイブリッドであればと思うわけです。多少の揺れは逆に心地よかったりするのですがエンジン音だけはどうもいただけません。

次にせっかくなので高速バス、深夜バスとはいえ休憩するインターチェンジをもう少し柔軟に決めておいて事前告知することで乗車するバスを選択できるようになったらうれしいです。

逆にトイレ休憩以外は一切休憩なく、運転手さんの交代時間以外はすべて移動とすることで移動時時間にこだわる便を作ることもお願いしたいと思います。

実際、このように前述のサービスが提供されるようになったら今以上に新幹線や飛行機での移動以外にも選択肢が増えるのでバスにいよる長距離移動を利用する方も増えるのではないかと考えます。

あとは個が重視される時代なので多少高くとも個室バスをあえて、カスタマイズしてつくってしまう、こうしたサービスも初期投資は大変かもしれませんが間違いなくニーズはあると思います。

バスのニーズ、サービス提供の方法はほかの交通手段に比べてもまだまだ開発の余地が残されていると考えても間違いないのではないでしょうか。

個人的にはそう考えています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Copyright 2017 中古バス販売・買取 高品質で低価格の中古バスを探す